買取業界に転職するには?

買取業界に転職するための、国家試験や資格というようなものは特に必要ないようです。ただ、良いものを見極める目があった方が有利ではないでしょうか?古美術・宝石・ブランドなどそれぞれに民間の任意団体による、将来鑑定士になることも視野に入れた、見る目を養うための講座や試験はあるということです。もちろん、買取業界で実地で働きながら経験・実績を積み上げていくという方法でも良いと思います。ですが、ご自分で独立開業する際には、さすがに免許を持っていなければなりません。古物営業許可証という、各都道府県の公安委員会から発行される免許です。質屋さんになる場合は、やはり質屋営業許可証という免許が要ります。

買取業界の行方はどうなる

買取というと、いらない物の処分としか考える方が多いと思います。ですが、それ以外にもニーズがあります。それはコレクターの方々です。コレクターの方にとって高価な物も珍しいですが、何より現在は生産されていない物にも価値を見出してくれます。たとえ、それが購入当時は珍しくない物であってもです。これにより、売る人も買う人も得をする。まさにウィンウィンの関係です。買取はそういったコレクターの欲求に応える事が可能になっています。それと、冒頭で述べた片付けの意味もありますので、業界の事を考えると、そう簡単には消えないといえるでしょう。

↑PAGE TOP